黒豆煮方は人それぞれ

黒豆煮方は、綺麗に洗った黒豆を砂糖、醤油、塩それに重曹それに12カップの水と混ぜ、さび釘を入れてから煮立たせます。
煮立ったところへ黒豆を入れ一晩浸けておきます。
中には、調味料と水を加えそのまま黒豆を一晩浸けておく人もいます。
だいたい6時間以上は浸けておきたいものです。
関西の黒豆である丹波の黒豆は、直径1センチほどの豆ですが、実際にふっくら煮ると2倍以上に膨らみます。
他の黒豆の種類よりも、黒豆煮方をそんなに神経質に考えなくても、急に冷やすことなくゆっくり煮ればふっくらとラグビーのボールのような形に仕上がります。
関西の黒豆煮方の方法はたいてい、たっぷりの水に調味料をすべて入れて一煮たちして、そこへ水で丁寧に洗った黒豆を入れ、一晩置いて作ります。
味付けは関東と関西では違いがあるようです。
関東では味は濃くしっかりとした味付けが好まれます。
関西はほんのり甘い味付けがなされます。
最近はデパートへ行けば、関東のしっかりした味付けの黒豆も関西のふっくらした黒豆も手に入れることが出来ます。
近くのスーパーでも、真空パックやレトルトパックにした黒豆が販売されています。
自分の好きな黒豆煮方の商品をすぐに手に入れ、食べたい時に食べられるようになりました。




RSS関連リンク


子供が読む前の親の受験読書


子供が読む前の親の受験読書 ★R★は読書が好きです。
まあ、長い通学電車の中で時間がたっぷりある訳ですしね。
★R★に教えて貰って私も楽しんだ本もたくさんあります。
例えばこれ↓ [ 06275433.jpg] ... 。
新米主婦の私に、お正月の黒豆煮方を教えてくださいました
それから毎年、お正月には黒豆を煮ます
この本リスト1です。
★R★には、5年生くらいになったら勧めてみるつもりです

ブログ名: ワークブック御国事情? - Happy★電車通学★R★LIFE - 楽... (テクノラティURL検索 0個のブログから0個のリンク)




煮る前の準備

黒豆煮方は、煮る前の準備も美味しい黒豆をつくるための大切な要素となります。
質のいい黒豆を用意したら、後は綺麗に洗ってごみなどを取り除きます。
そして、黒豆の黒い色をより濃くつややかに出すために錆びた釘を使います。
あらかじめ釘を10本ほど用意しておくことが大切です。
おせち料理の黒豆と一言で言いますが、その昔は関東と関西ではまめの種類が違っていたようです。
同じ黒豆なのですが、関東では雁喰(がんくい)といって扁平の形になっている豆でした。
関西は粒の大きさから葡萄豆と言われる、丹波の黒豆を使っていました。
どちらも黒豆煮方には変わりはありません。
関西の黒豆煮方の方法はたいてい、たっぷりの水に調味料をすべて入れて一煮たちして、そこへ水で丁寧に洗った黒豆を入れ、一晩置いて作ります。
味付けは関東と関西では違いがあるようです。
関東では味は濃くしっかりとした味付けが好まれます。
関西はほんのり甘い味付けがなされます。
おせち料理の中には、料理を作るのに時間がかかるものがたくさんあります。
棒鱈などは、水から戻して煮るのでかなりの時間を要します。
黒豆もその黒豆煮方にかなりの時間を要しますが、時間をかけた分だけ保存の上では日持ちがすると言えます。
もちろん、常温ではなく冷蔵庫で保存します。




RSS関連リンク


豆実験室・黒豆


播磨屋の黒豆を煮ます
よく洗い、一昼夜水に浸しておいた黒豆1カップ。
圧力鍋で加熱し、おもりが揺れたら弱火で10分。
レシピの15分よりも短めにしました。
その後は10分以上放置。
煮汁は、ハチミツ、砂糖、塩、しょうゆ。
味を見ながら加減しました。
かなーり適当(ο・д・)(・д・`ο)ネー そんな適当なやり方でも、豆が良ければおいしくできるようです。
粒が大きく、食べるとコクがあり、ハイグレードの黒豆でした
おそらく準備段階でなにかすると、煮たあとの黒豆の発色がなお美しくなっただろうなあと思います
釘かな? 関連記事:圧力鍋を使った黒豆煮方 しかし「黒豆2カップに砂糖200〜250g」ってすごい量だな。
画像奥にチラッと見えるのは、昨日煮たうずら豆。
こちらは

ブログ名: お気楽ネコののんきな日々@屋根裏 - livedoor Blog(ブログ)... (テクノラティURL検索 6個のブログから268個のリンク)


黒豆煮方は地方色豊か

黒豆煮方はその土地によって少しずつ違いがあります。
そして、黒豆煮の味付けには各家庭の味があるようです。
黒豆を調味料が入ったお湯に何時間も浸けておいたり、さび釘を入れたりするのは黒豆をふっくら軟らかくし、色艶を出すためのものです。
味は砂糖と醤油で決まります。
最近では、年末のおせち料理の一品としてだけでなく、いつでも黒豆が楽しめるように、黒豆のレトルトパックが販売されています。
保存食としての賞味期限はそんなに長くありませんが、家庭で料亭の味が楽しめます。
黒豆煮方を気にしなくても、手軽に黒豆を味わうことができます。
黒豆煮方には、いくつかの方法があります。
その一つに、最初に黒豆を洗ってその後水に一晩浸けておいて次の日火にかけ、コトコト煮てから調味料を入れ、途中何度も調味料を少しずつ足していく方法があります。
黒豆を煮て、火を止めて冷ますことを繰り返して味を染ませていきます。
おせち料理の中には、料理を作るのに時間がかかるものがたくさんあります。
棒鱈などは、水から戻して煮るのでかなりの時間を要します。
黒豆もその黒豆煮方にかなりの時間を要しますが、時間をかけた分だけ保存の上では日持ちがすると言えます。
もちろん、常温ではなく冷蔵庫で保存します。




RSS関連リンク


今日の煮豆は黒豆でした。


2007年05月23日 Posted by てつさん at 20:43 Comments(0) TrackBack(0) お惣菜 今日の煮豆は黒豆でした
黒豆の煮豆です
  北海道産の黒豆ですが煮方は丹波篠山の黒豆煮方です
三時間ぐらい、醤油と上白で漬け込んで煮はじめます。
店では、ちょっと自慢の黒豆の煮豆です... 機会があったらお召し上がり下さい。


ブログ名: 森の小さなアイス屋 (テクノラティURL検索 15個のブログから30個のリンク)


広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。